ムンバイについて

  • Mumbai

ムンバイはマハラシュトラ州の州都で、インド国内で一番人口が多い都市です。。
ムンバイはボンベイとしても知られていますが、今日ではほとんどの人がムンバイを使用しています。
ムンバイは島の都市であり、アラビア海に囲まれており、インドの金融、商業、娯楽(ボリウッド)の中心地です。

BKC(Bandra Kurla Complex)は、リライアンス、国立証券取引所、オベロイグループ、アマゾン、ジェトロなどがオフィスを構える開発中の商業地域です。

ムンバイは1年を通して温暖な気候で、コートなどの防寒着は必要ありません。
12月から2月の涼しく過ごしやすい季節、3月から5月はとても暑い日が続きます。 6月から11月がモンスーンシーズン(雨季)です。
モンスーン中の洪水はムンバにとって大きな問題となっています。

ムンバイには多くの観光スポットがあります。
インドのゲートウェイ(ムンバイのインド門)、タージマハールパレスホテル(老舗超恒高級ホテル)、エレファンタケーブ(インド門より船に乗船して向かいます)、ジュフビーチ、ナリマンポイント

現地の言語:-マラーティー語(英語を話す人も多いため外国人にとっても問題はない)
空港:-チャトラパティシヴァジー国際空港
主要な公共交通機関:-メトロトレイン、ムンバイローカルトレイン、シティバス

外国人居住者のために開発されたムンバイで人気のエリアには、北ムンバイのポワイ、アンデリイースト、バンドラ、ジュフがあります。
最も高級な場所として知られている南部に来ると、Parel、Worli、Prabhadeviおよびその他の超高級住宅地があります。